2017年11月18日 (土)

【小金井都道問題】意見交換会(11/17)、都は計画説明に入れず

小金井都道計画をめぐる都主催の意見交換会が11月17日夜に小金井市内で開かれた。都は計画実施を前提に説明と意見交換を行おうとしたが、多くの住民参加者が「計画前提は受け入れられない」と反発。都は計画の説明に入ることができなかった。

■住民の要望で傍聴が実現

今回の意見交換会で都は当初、会場の容量などを理由に傍聴を認めていなかった。しかし開始前の会場入り口に傍聴希望者が数十人集まり、住民参加者からも「会議の公開は原則だ」などと傍聴を求める意見が続出。参加者に諮った上で傍聴を認めた。録音と撮影も個人情報への配慮を条件に容認した。

また議事録も要旨を早い時期に、個人名を除いた全文記録を来月をめどに公表するとした。

■建設局課長「多くの宿題をいただいた」

都からは建設局道路建設部計画課の専門課長、多摩計画担当の課長代理ほか幹部職員らが出席。冒頭、専門課長が「小金井の都道計画は様々な意見をいただいている。環境保全と景観配慮に多くの課題があり、みなさんと意見を交わしながら検討したい」と述べた。

これに参加者からは、「どういう道路にするかではなく、道路計画の是非そのものを考えるべき。道路計画が前提では受け入れられない」「2千通の反対意見が集まったパブリックコメントが無視されている」などとする発言が相次いだ。

「(計画決定した都の)都市整備局の担当者は、住民の意見を聞いて決めると言っていた。意見があればパブコメに書いてほしいと言っていた」(参加者)

また、「55年前の都道計画そのものが、縦覧手続きを経ておらず違法。したがって、このまま道路を作れば事業者は背任罪に問われる」との指摘も。このほか、「私自身は道路はあったほうがいいが、都の説明は一方的。こんな道路がいい、と話せる段階にない」との声も上がった。

住民参加者から反発が噴き出す状況に、都は計画の説明に入れず、「たくさんの宿題をいただいた」と専門課長。次回の意見交換会に向けては●計画の是非そのものも議題とする●都市整備局の同席、などについて都が持ち帰り検討することを約束して散会した。

■露呈した「ボタンのかけ違い」

都市整備局は昨年1月、パブコメに先立つオープンハウス(計画のパネル説明)で、「パブコメの結果次第では見直しもありうる」と説明。ところが、実際にパブコメで反対(見直し)意見が圧倒しても、それを無視するように計画が決定された。

こうした、住民参加とは程遠いプロセスがあったにもかかわらず、都は計画前提の意見交換会に踏み切った。したがって、都が住民の強い反発に直面するのは当然といえた。

終了後の取材で、「計画の説明に入れなかったが、そもそも道路計画の是非を問いたい住民と都との間には『ボタンのかけ違い』があるのでは」との私の質問に、計画課長は「今回、結果的にそうなってしまったが、道路の必要性はあると思っている」と答えた。

また、都市整備局が「パブコメ次第では見直しもありうる」と説明していたことについて、同課長は「その話は知らなかった」とした。

都が言う「道路の必要性」の根拠はどこにあるのか。住民や自然環境に大きな負担を強いてまで実施する必要性が、住民の間に共有されているとはとてもいえない。

渋滞や交通の不便などといった課題があるとして、住民が主体となってその解決を考え、行政はそのサポートに徹するのが、トップダウンではない、「自治」という言葉の意味に沿うあり方だろう。小金井都道計画ではまさにそこが焦点となっている。自治が試されているのだ。

2017年10月28日 (土)

今年の秋も関戸橋フリマ

Kimg0303_2

雨の予報でどうなるかと思ったが、関戸橋フリマが今日(10/28)無事開催。
4月と10月の第3土曜に開催しているが、先週は雨で順延に。
(それでもネットの情報では数店出ていたようだが)

きのうおとといは晴れていたのに、前日の予報では今日は朝から雨と出ていて気落ちしていた。しかし早起きしてみると、まだ降ってない! 今日も雨だと今秋の関戸橋は中止になるところだった。

今日の売り上げは2千円くらい。
売り物として自転車1台も出品したがこれは売れず。
人出はいつもの半分くらいだったし仕方ない。

関戸橋がすごいのは主催者がいなくて、自然発生的に人が集まるところだ。こんなイベントはほかに知らない。奇跡のような場所である。

2017年10月20日 (金)

【小金井都道問題】都が11/17意見交換会で「取材拒否」

都が小金井市で進める都道計画(3・4・1号線、3・4・11号線)について、これまで本ブログでも取り上げている。

■小金井都道計画問題で小池都知事に質問してみた
http://saitoh-madoka.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-5589.html

■「骨格幹線道路」ではなかった、小金井の都道計画案
http://saitoh-madoka.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-5190.html

この問題をめぐって最近、新たな動きが起きた。都は南北に走る計画の3・4・11号線について住民を対象とした意見交換会を11月17日(金)に行うと発表。周辺住民をを対象に参加者の募集を始めた。

■『小金井都市計画道路3・4・11号線』に関する意見交換会 参加者募集(都建設局)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/kitanan/setumeikaisiryou/koganei3-4-11ikenkoukankai.html

だが、この意見交換会には問題がある。まず参加人数が50人と少ない。傍聴も認めていない。そして何より、計画の是非について住民を交えて意見交換するものではなく、「計画の実施」が前提だ。

昨年の計画決定前のパブリックコメントでは見直しを求める声が圧倒。市議会も見直しを求める陳情を採択した。

こうした経緯があったのに、都は計画実施を決めた。その経緯を踏まえれば、「意見交換会」と銘打ち、見かけは住民に耳を傾ける体裁だが、計画の是非に住民は口をはさむな=決定に住民は従え、という都の本音が透けて見える。

このような都に市当局は追従するばかりだが、対照的な動きを見せるのが市議会だ。意見交換会の実施が明るみに出てから間もなく、超党派議員による都への申し入れを行っている。9月25日には、小池都知事に計画の見直しなどを求める意見書を全会一致で採択した。

※このかんの一連の経緯は市民団体「はけの自然と文化をまもる会」のブログに詳しい。
http://hake-bun.blogspot.jp/

さて私は今日、11月17日の意見交換会を取材しようと都建設局に申し込んだ。どんな「意見交換」が行われるかを知るには現場で取材する必要がある。

ところが都は「会場が狭い」「終わるのが遅くなることも予想される」「取材を想定していない」などと理由を挙げ、取材を許可しなかった。つまり取材拒否された形だ。

私は、「取材できなければ、検討過程を広く公開していることにはならない」と抗議した。都は「議事録は公開するので・・・」と弁明したが、問題はそこではない。

傍聴もない、外部の目を排した「密室」で行う以上、そこに情報公開や住民参加の余地はない。何となれば、議事録作成の時点で発言など、後からいくらでも都合よく改ざんされうる。

行政は平気でウソをつく。以前、保育所建設計画で揺れる自治体の住民説明会を取材したことがある。強引な進め方に住民の不満は収まらずヤジも出て、私はそれを記事にした。ところが、その場にいたはずの自治体担当者は、後で広報を介して「そんな発言(ヤジ)はなかった」と否定してのけた。

その説明会は録音禁止だった。住民は「密室で決めるな」「決定ありきで進めるな」と声を上げ、行政を監視する必要がある。それをしなければ、行政は「住民合意」をねつ造していく。

22日の衆院選での政党キャッチフレーズじゃないが、まさに私たちは「黙っていたら、ナメられる」のである。

2017年10月19日 (木)

自転車情報サイト(サイスポ、フレイム)で記事掲載

Bc05
※映画「Bikes VS Cars」より。写真:Janice D ́Avila 提供:WG Film

自転車情報サイトに執筆し、最近掲載された記事を紹介します。

<サイクルスポーツ.jp>


■全国初、京都市が「レンタサイクル事業者認定制度」をスタート(10/4)
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/86206


■自転車レーンを路上駐車から守れ! 「逆転の発想」で対処したNY市の方法とは? (10/18)
https://www.cyclesports.jp/depot/detail/86849


<フレイム>


■道路は自動車だけのもの?映画『Bikes VS Cars』が問いかけるクルマ偏重のいまとこれから
https://jitensha-hoken.jp/blog/2017/10/bikes-vs-cars/


ぜひご覧ください。

2017年10月16日 (月)

不時着炎上と同型の米海兵隊大型ヘリ、東京にも飛来していた

米海兵隊のCH-53E大型ヘリが11日、沖縄・高江の民有地に不時着し炎上した。周辺には米軍のヘリパッドが作られ、その撤去を求める抗議活動が続いている。

■沖縄タイムスの記事(12日、動画あり)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/155109


今回事故を起こしたヘリの機種に思い当たるところがあった。東京・横田基地への飛来機を記録するブログを時々チェックしているが、そういえば最近も飛来してなかっただろうかと。

■yokotajohoのブログ
http://yokotajoho.cocolog-nifty.com/

それで見てみたら、事故を起こす3日前の8日に同型機が離陸していた。
(下記リンク参照)

http://yokotajoho.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/ch-53e-rq-4b-5a.html


「横田基地撤去の会」が飛来機リストを作成している。今年の分をざっと見てみると、8月以降、時折飛来していたようだ。

■横田基地への飛来機リスト(横田基地撤去の会)
http://yokotajoho.world.coocan.jp/hirailist.htm


沖縄では昨年12月にオスプレイ、2004年にCH-53Dというように米軍機の墜落事故が相次いでいるが、それだけ頻繁に離着陸をともなう訓練が繰り返され、沖縄の基地負担も大きく重いということだ。

ちなみに横田にはオスプレイも飛来している。今年に入っては無人機グローバルホークも暫定配備された。

2017年10月 8日 (日)

風呂場で漆喰をぬる

築40年以上のフラットハウス(木造平屋)に住んでいる。風呂場の壁が傷んできたので先日、壁に漆喰をぬった。

湿気の強い浴室に漆喰をぬっても大丈夫なのか、とネットのQ&Aで話題になっているのを見たことがある。結論から言えば大丈夫だ。水しぶきがかかる腰下でなければ問題ない。水がかからない壁であれば何の問題もない。

Kabe2
カビで黒ずんだ天井や、

Kabe
珪藻土がはがれて下地が出た壁も、

Kabe4

Kabe3
ごらんの通り。

ただし漆喰が固まるまで、施工後一昼夜は湿気を避けなければならない。つまり施工当日は自宅の風呂に入れない。

今の家は借家だが、フラットハウスの良いところはDIYやセルフリノベーションが可能なこと(もちろん大家の了承は前提)。近頃は団地でもリノベ可能な物件が増えている。

次に挑戦したいのは床貼りだ。壁塗り、床貼り、そして屋根ふきの技術が身につけば、空き家を格安でリノベして、自前で住まいを確保できる。

2017年9月26日 (火)

奥多摩町は登山者誘致に本気出せ

_0016978

先週、東京都最高峰の雲取山に登ってきた。頂上の標高は2017mということで、今年は「雲取山イヤー」として人気が集まっている。それで、というわけでもないが、以前から気になっていて、早く登りたいと思っていたのだ。

学生時代に一度、埼玉・三峰側から登った。雲取山は山が深く、歩いても歩いても着かない。雲取山荘に着いたのは夜の8時ころだったと思う。今から考えれば計画の甘さが招いたプチ遭難と言ってよく、にがい思い出だ。

今回は奥多摩湖側の「鴨沢ルート」を歩いた。始発で家を発ち、それでも登山口に立ったのは朝8時。標高差1500m、往復10時間の長いコースだ。奥多摩は低山が大半で、スギなどの人工林、そして広葉樹が占める水源林に覆われているが、標高2千メートル近くになると天然の針葉樹林に変わる。

それまで里山だったのが、上るにつれて八ヶ岳や北アルプスといった高山の雰囲気に変わっていくのだ。東京なのに面白いと思った。雲取山荘で1泊して下山した。

奥多摩へは山登りにしばしば訪れる。去年、8月11日が山の日に制定され、今年は雲取山イヤーだ。それで奥多摩町でも登山客の誘致に力を入れているのか・・・と思うが、そうした意気込みはあまり感じられない。

何より感じるのは、山を下りて立ち寄る場所(温泉やカフェなど)が限られる、ということ。駅前の観光案内所は雰囲気は立派だが、立ち寄ってもお茶したりお土産を選べたりできるわけではなく、ただパンフレットが置いてあるだけだ。

奥多摩駅の2階はカフェになっていて、コーヒーはまあまあおいしい。けれど、よく分からない雑貨が陳列されていたりで、スペースを持て余している感じだ。中古アウトドア用品の販売コーナーもあったけど、そんなの別にネットショップで十分じゃない?

そう考えると、むしろ隣の山梨県丹波山村の方が登山者の誘致に力を入れている。

_0016956

鴨沢コース登山口には雲取山イヤーを記念した期間限定の看板が置いてあり気分が上がる。そしてコースの途中には七ツ石小屋という村営の山小屋があるが、小屋番が常駐していて対応もフレンドリーだ。

さらに鴨沢バス停から歩いてすぐの場所には小さいながらカフェもある。下山してバスを待つ間、ほっとしたくてここで一服した。こういうスポットはありがたい。

奥多摩町は都心から電車1本で来れて、しかも低山から高山まで楽しめるという「地の利」があるのに、それを活かせていないのはもったいない。そしてそれは、ただアウトドアショップなんかを誘致すればどうにかなる、というものでもない気がする。自分たちの魅力にもっと気付いてほしいと思った。

2017年7月21日 (金)

117クーペのレンタカーでドライブしてみた

_0016807_2

先日いすゞプラザに行ったら、昔乗っていた117クーペにまた乗りたくなった。それで今日は117クーペをレンタルして奥多摩をドライブしてみた。

■117クーペ レンタカー(ISUZU SPORTS)
http://www.isuzu-sports.com/rentacar

マニュアル変速で、しかも4速の入りが渋くて、最初は戸惑ったが、じきに昔の感覚が戻ってきた。クルマを停めていると、通りかかったおじさんに「懐かしい、昔これに乗っていたよ」と話しかけられるのも、以前と同じだ。

マニュアル変速は小刻みにシフトチェンジが必要で疲れる。それにひきかえ、今のクルマは静かで運転操作が楽だし室内も広い。さらに燃費・安全・環境性能も良い。便利さ安楽さでは旧車は今のクルマにかないっこないのだが、それでもなぜか私は旧車に惹かれてしまう。自分でも不思議だ。

_0016808

維持費や手間などを考えると所有はためらってしまうが、たまにレンタルして乗る分には楽しいし懐にもやさしい。

クルマを手放した10年前には117クーペをレンタルして乗ることなど考えもしなかった。世の中は所有からシェアに向かっているようだから、旧車のレンタルもこれから当たり前になる可能性はある。

2017年7月17日 (月)

話題の「いすゞプラザ」に行ってみた

S__0016803

トラック(商用車)メーカーのいすゞが4月にオープンした展示施設「いすゞプラザ」が近頃話題だ。今日17日に行ってみた。

■いすゞが「巨大ミュージアム」を開業したワケ(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/180565

自動車メーカーの中でもいすゞは、私にとって思い入れのある会社だ。初代ピアッツァに3年、117クーペに7年乗った。いずれもジウジアーロデザインのスタイリッシュな車である。今はトラック専業だが、1993年までは乗用車も作っていた。

バブル崩壊後に業績不振におちいり、一度は倒産しかかった同社が、自社ミュージアムを持てるまでに復活した。元いすゞ車ユーザーとしてはやっぱり感慨深い。それで行ってみたくなったのだ。

施設1階は現行のトラックやバスなどが展示され、運転台にも座れる。いすゞは自衛隊にもトラックを納入している。防衛省仕様のトラックは濃緑色で武骨。運転台や荷台に乗ろうと、親子連れが長い列を作っていた。

1階展示の目玉はミニチュアカーが自動走行するジオラマ。落ち着いて見てみたいが、ここもすごい人だかりで諦める。

S__0016788

2階は車作りのプロセスを体験学習形式で展示。ここも子どもたちでにぎわっているが、ゆったりと見ることができた。

S__0016792
1枚の薄鋼板がプレス加工でドアになるまでを順送りで展示。

S__0016790
プレス工程での用具類。

企画・設計やプレス、鋳造・鍛造、ライン組立など、モノづくりのプロセスがかなり詳しく紹介されている。大人でも十分に楽しいエリアだ。

S__0016795

その奥では過去の車両を展示。それまでとは打って変わって、このエリアはガラガラだ。 その分おちついて見ることができるが。

S__0016797
初代ジェミニ。カラシ色がおしゃれだ。

実は、いすゞが展示施設を作ることは以前から知られていた。私もそれを初めて耳にした時、どんな展示になるのかと思ったものだ。どちらかと言えば地味なメーカーである。人が集まるのだろうか・・・とも思った。

そしていざフタを開けてみると大賑わいである。単にクルマを並べるだけでなく、同社のクルマが社会でどんなふうに活躍しているのか、そしてどのように作られているのか、作り手はどんな思いで作っているのか。メッセージ性を重視した展示内容にしたことが、来場者の共感を呼んでいるように感じた。

早い話、「トラックに乗って働きたいな〜」とか「自分も工場でクルマを作ってみたいな〜」とか、思わずそんな気持ちにさせられる。良くできた展示だ。

S__0016801

展示の最後は117クーペ。「ハンドメイド」と呼ばれる初期生産型だ。戦前・戦中は国策企業として発展したいすゞが、戦後の、しかも民需のラグジュアリー・カーを展示の最後に据えた。安定した日々の営みの中でこそモノづくりは開花し事業も伸びる、と同社は考えているのだろう、とその意味を勝手に深読みしてみた。

全体をゆったり見るには平日に予約して来るのがいいだろう。私も次回は平日に来てみたい。

2017年7月16日 (日)

高校アルバムを捨てるかで迷う。『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

必要最小限のモノだけで生活する人をさす「ミニマリスト」は、2年前の流行語大賞候補になったという。ミニマリストの生活と意見を紹介するのがこの本だ。

大量消費社会に生きていると家の中はモノであふれる。消費に駆り立てられ、ありあまるモノにかこまれていると、意識は分散し、自分は本当に何をしたいのかもわからなくなる。だったらモノを手放してみよう。手放してみたら意外と普通に生きられますよ、と説いている。

モノを切り詰めて、例えば冷蔵庫がなくても、コンビニやスーパーでその都度必要な分だけ買えば問題ない。クルマはカーシェアで十分だし、書籍や写真はスキャンしてデジタル化すれば場所をとらない。モノがなくても大丈夫というのはそういうことだ。

インターネットや宅配サービス、コンビニ店などは大量消費社会がなければ発展しなかった。しかし今やそれらが社会インフラとなったことで、モノを手元に置かなくても、それほど不便を感じることなく生きられる。逆に、モノに囲まれる方がかえって不便(置き場所に困るし掃除が面倒)だ。

私もこの本を読んで、古本を中心に雑貨や服など段ボール3、4箱分を捨てた。まだまだモノだらけだ。ちなみに小中学校の卒業アルバムは以前、何の迷いもなく捨てた(いじめられっ子だったので良い思い出がない)。しかし今回、高校のアルバムはどうするか迷っている。

ちなみに著者は、学校のアルバム類を捨てた上で「見たい時には同級生に見せてもらう」ことにしたという。

«【7/2都議選】小金井市選挙区・選挙公報を都道計画の視点で読んでみた

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ