« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月 6日 (土)

鉄塔調査隊

皆さんは『鉄塔武蔵野線』という映画を観たことがおありだろうか?

TVドラマ「電車男」の伊藤淳史が主演した、「送電鉄塔ロードムービー」と言ったらいいのか。送電線「武蔵野線」の1号鉄塔を目指して、少年が自転車で走っていく映画だ。

この映画と原作の小説(銀林みのる著)によって、「鉄塔趣味」にはじめて市民権が与えられたと言っていい。鉄塔の無駄のない美しさを、きちんと言語化・映像化した、そのインパクトは大きいのである。

で、私も武蔵野線1号鉄塔めざして自転車で走ってみた。
「武蔵野線」は、東京都西東京市と埼玉県日高市を結ぶ、全長28.1キロの実在する送電線。

送電線に沿って道が走ってるわけじゃないので、右往左往しながら丸1日走っても1号にたどりつけない。送電線が入間川をまたぐところで夕暮れ、時間切れとなった。

たどりながら、傍目にはバカバカしい事を、大真面目に小説や映画にしてしまった人たちのすごさを思った。大の大人がなにやってんだろ、と思いながら、1号鉄塔を見たくてひたすらペダルを踏むのはなかなか楽しかった。5月の新緑も満喫できたし。武蔵野にはまだまだ自然が息づいている。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ