« greenz.jpにCOP15ツアー記事! | トップページ | 7/5 南山ウォーキング »

2009年6月 8日 (月)

てんつくマンと歩く南山

6日は雨の中、「てんつくマン氏とあるく南山ウォーク」に行ってきました。
主催は南山の自然を守る「ちーむポンポコ」。

朝10時、稲城駅に集合した一行は南山へ。
みなさん、雨降る森の中を歩いたことはありますか?
雨の南山は、たっぷり水分を含んだ空気が気持ちいい。
広葉樹や下草がしっとりと雨にぬれてつややかで美しい。
降りしきる雨の中でもホトトギスが啼いていて、うっとりします。

てんつくマン氏は新聞「豪快な号外」などの活動で知られる、元吉本芸人。
http://tentsuku.com/

そのてんつくマン氏、南山を歩いていわく「命がどんどん生まれているのがわかる」。

石原都知事は先月29日の定例記者会見で南山を「魔の山。再生して活用すべき」と言ったという※。そのことに触れ「どこがオバケの山なのかな。知事はちゃんと見てないのかな」。そして「百年先の子供たちのことを考えたら、残すべき」。
※石原都知事の記者会見:
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2009/090529.htm

開発現場なども見てまわったあとで、てんつくマン氏による記念植樹。今日植えたのはナラの木です。
南山の保護についても、氏はこう語ります。
「怒りで動いたらダメ。南山をみたらわかるでしょう、自然が愛そのものだもん。人が楽しい、ワクワクできると感じられるように、もっていくことが大事」

うーん。てんつくマン氏とお会いするのは初めてですが、ポジティブでみずみずしい感性をお持ちですね。素晴らしい!

« greenz.jpにCOP15ツアー記事! | トップページ | 7/5 南山ウォーキング »

地域」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ