« 180回目の金曜官邸前抗議(1月22日) | トップページ | ハンドメイドバイシクル展(続き) »

2016年1月25日 (月)

ハンドメイドバイシクル展

Img_6913

毎年1月に東京九段の科学技術館で行われている「ハンドメイドバイシクル展」。工房が文字通り手作りで生み出す、工芸品のような自転車が集まる展示会だ。去年に続き訪れた。

※去年の様子
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/30390

サイクリング用のスポーツ自転車はアルミやカーボンが人気だが、スチールパイプでフレームを組み立てる自転車にも根強い人気がある。乗る人の体のサイズに合わせたオーダーメイドが可能だ。

ところが、サイクリング用として人気があったドロヨケ付きの自転車は、かつての勢いを失ったままだ。これも時代の変化だが、私はスチールパイプ製でドロヨケが付いた自転車が好きなので寂しい思いをしている。

しかしこの展示会にはランドナー、スポルティフ、キャンピングといったドロヨケ付きサイクリング車が多く展示されており、私のような人間にはまことにありがたい。しかもどれも丁寧に造り込まれていて、吸い寄せられるように魅力的だ。

Img_6917

その中の一台を紹介したい。アンタレス・スコーピオン。ワイ・バイシクルがまだサイクルメイトヨシダだった頃に製作されたものだ。岡安製作所ブースに展示。かつて、スポーツ車専門店がオリジナルブランドを持ち、自社工房で製作した自転車を販売するのは一般的で、このスコーピオンもそうした一台である。

Img_6911


Img_6916

Img_6915

Img_6914

埼玉・志木出身の私は、木造店舗だった当時のサイクルメイトヨシダに足しげく通っていた。店頭に飾ってあったピカピカのアンタレスをまぶしく眺めていたものだ。当時の思い出がよみがえるようだった。そしてこの一台も端正で見とれる。思わずバシャバシャと何枚も写真を撮ってしまった。

※撮影した写真の著作権は撮影者に帰属します。無断転載禁止。

« 180回目の金曜官邸前抗議(1月22日) | トップページ | ハンドメイドバイシクル展(続き) »

自転車」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ