« (10年前の写真)入間・アイロード | トップページ | ティーンズソウル・渋谷デモ詳報 »

2016年2月21日 (日)

ティーンズソウル・渋谷デモ(2月21日)

Img_7187

安保法制に反対する10代のグループ「ティーンズソウル」が呼びかけるデモが21日午後、東京・渋谷で行われた。6月には選挙権年齢が18才に引き下げられる。高校生も主権者として選挙権を行使できるようになるのだ。

Img_7203

デモはティーンズソウルほか25団体が共催。主催者発表で5千人が参加した。一部メディアは「中高年が目立った」と報じているが、そもそもティーンズソウル単独のデモではない。それよりも興味深かったのは、中学生の参加者もいたことだ。

解散地点の代々木公園で、親と一緒にデモを歩いたという2人に話を聞くことができた。

「若い人が参加していてすごいな、と思った」(都内・公立中1女子)
「(高校進学を控えて)自分も選挙できる年齢に近づいているので、政治に興味を持ちたい」(神奈川県内・公立中3女子)

Img_7224

中学生も政治に関心を持っている・・・というか、こういう言い方は中学生に失礼だろう。政治への関心を、これまで社会と大人が向けさせてこなかった面はないだろうか。だれもが主権者であり、政治についてもっと自由に考え、語り、行動していいはずである。

先日、保活に成功した人が「日本死ね」と毒づくブログ記事を紹介した。その書き手は「デモなんて意味ねえよ。」と綴ったが、一方で今や中高生も政治に関心を持ち、行動を始めたわけだ。主権者として、社会に責任があることを自覚している。

Img_7234

納税さえしていれば後は他人任せ、野となれ山となれという「お任せ民主主義」がクソな社会を生んだのだ。自分や家族のためには必死だが、社会や政治はまるで他人事。そんなスカした態度は大人として恥ずかしい。

« (10年前の写真)入間・アイロード | トップページ | ティーンズソウル・渋谷デモ詳報 »

仕事」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ