« 毎日更新しています | トップページ | 4輪自転車 »

2016年2月 3日 (水)

綱島家の節分

R0015760_2

江戸東京たてもの園で節分の豆まきに参加。
古民家の一つ、綱島家住宅でやるのである。
いつもは近所の神社に行くのだが、趣向を変えてみた。

綱島家の節分にはいろいろ決まりごとがあったそうだ。
たてもの園が配布した資料には
・豆まきは家族の男が行う
・日暮れ前に行った
・豆は自家製で、五合升に入れて豆まきした
・豆をまいたところから戸を閉め、鬼を追い出す
・節分は「年越し」で、昼に打ったそばを夕飯として食べた
等々。

節分の豆まきは「追儺」(ついな、宮中の儀式)が民間に伝わったものだそうだが、鬼を豆で払うのはよいとして、なぜ日暮れ前なのか、男が豆をまくのか、など、一つひとつに理由があるのだろう。

コンビニでも道具一式が揃うカジュアルな年中行事となった豆まきだが、地域や時代によって格式も備えていたわけで、興味深い。

綱島家住宅は今の世田谷区岡本、多摩川を望む台地にあったそうである。

R0015772

これは表の出入口に飾られていた「ヤイカガシ」と呼ばれる鬼払いの飾り。
ヒイラギの枝に焼いたイワシの頭が刺してある。

ちなみに私はたてもの園の「友の会」に入っているので、園への入場はフリーパスである。

« 毎日更新しています | トップページ | 4輪自転車 »

日々」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ