« グリーンピース「虹の戦士号」、横浜でメディアに公開 | トップページ | 復興にかき消される、原発事故の被災者と避難者 »

2016年3月19日 (土)

コメントが頭に残らない「ショーンK」

ショーンKこと川上伸一郎氏の学歴詐称が巷をにぎわせている。
どうでもいい芸能ネタだが、思うところがあるので書いてみたい。

端正な顔立ちと着こなし、美声で「国際派経営コンサルタント」を演出していたショーンK。報道番組にも引っ張りだった同氏だが、共演したコメンテーターの中には「言っていることが専門的じゃない」などと疑問に感じた人もいたそうだ。

ショーンKがFM局J-WAVEで長らく経済系トーク番組「Make IT 21」のナビゲーターを務めていたのは、良く知られるところ。私もかつてはJ-WAVEをよく聴いており、この番組も結構聞いていた。

それで、ショーンKはどんなことをしゃべっていたのか。その時々の旬の経済ネタ(IT、若手起業家、投資などの話題が多かったように思う)を取り上げていたのだが、話の中身は・・・まったく思い出せない(笑)。クリス・ペプラーみたいな美声だけはよく憶えているのだが。

つまり、当たり障りのないことを体よくまとめていたのだろう。
同局でこれと全く対照的だったのが、モーリー・ロバートソン氏だ。

同氏は深夜番組で言いたい放題しゃべっていた。「受験生は世の中に不満だらけだろう、受験制度なんておかしいと思うだろう。でもそれを言いたければ今は黙って勉強しろ」とか言う感じで。時にエゲツないが、自分の価値をゴリゴリ主張していたので、今もこの人の話は記憶に残っているのである。

メディア受けするルックスと美声、華麗な経歴(ウソだったわけだが)、そして当たり障りのないコメント。この「三種の神器」を備えたショーンKは、マスメディアにとっては使い勝手が良かった。

つまりはそういうことになるのだが、それでいいのか。

« グリーンピース「虹の戦士号」、横浜でメディアに公開 | トップページ | 復興にかき消される、原発事故の被災者と避難者 »

日々」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ