« 「ぽぽぽぽーん」が繰り返し放映された5年前 | トップページ | 電事連が「原発推進」CMを放映している »

2016年3月13日 (日)

安倍首相の言葉の欺瞞がひどい件

■安倍首相が保育所と保健所を読み間違える!「子どもが生まれたのに保健所に預けられない」(真実を探すブログ)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10458.html

保育所を「保健所」ですか。
まあ、これは「読み間違い」で済まされるレベルとも思うが・・・。
しかし、今日の自民党大会での安倍首相の発言にはひっくり返った。

■自民党大会「参院選は自公対民共の戦い」安倍首相強調(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160314/k00/00m/010/052000c

「選挙のためだったら何でもする、誰とでも組む。こんな無責任な勢力に負けるわけにはいかない」だって。

いやいや、選挙で勝つために公明党と組んだり「TPP反対。ブレない」とか言ったり、「何でもして、誰とでも組んで」来たのはほかならぬ自民党でしょう。

これは、いわゆる「東大話法」で言うところの
「自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する」
「どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す」
に当てはまる。

夏の参院選に向け、格差拡大やアベノミクスの失速、閣僚の辞任や失言の数々など、自らの政権の綻びを全力で取り繕うために目一杯言葉を歪ませているのが、安倍首相のこの発言といえるだろう。

« 「ぽぽぽぽーん」が繰り返し放映された5年前 | トップページ | 電事連が「原発推進」CMを放映している »

日々」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ