« 「住居を奪わないで」原発事故避難者、新宿西口駅頭で訴える | トップページ | 沖縄は米軍基地への抗議も許されないのか »

2016年6月 1日 (水)

自分マガジン第2号、配布いたします

Selfmag2016

自分の仕事内容を知ってもらうための「自分マガジン」第2号が先月完成した。1千部印刷し、取材や地元で合う人などを中心に手渡ししている。すでに100部ほど配った。

2年前の10月に作った第1号の印刷部数はわずか300部。それでも配り切るまでにかなり時間がかかった。今回の部数は第1号の3倍だ。配り終えるまでに一体、どのくらいかかるだろうか・・・。

自分マガジンは、カメライターで著名なブロガーとして知られるかさこさんが製作する「セルフマガジン」のマネっこで作りはじめたものだ。今回、かさこさん主催の「第2回セルフマガジン大賞」に応募。残念ながら賞は逃したものの、講評をいただいた。

■第2回セルフマガジン大賞発表!全48エントリー冊子の全講評2(かさこさんのブログ)
http://kasakoblog.exblog.jp/24421555/

(引用開始)
非常に読みやすいデザイン。
見出しと本文のメリハリがしっかりついていて
雑誌を読んでいるような感じ。
2号目ということと今伝えたいことを重視し
特集記事2本掲載しているのは
悪くはないものの
個人を宣伝するには弱いかなという感じがして
むしろ特集記事はWebに載せて
冊子には要点をのせてWebにつなげたり
ご自身の説明や今の総論的問題提起のような
自分の思いを語るページがあった方が
個人に興味を持ってもらえると思います。
(引用ここまで)

読みやすさを念頭にデザインしたので、その点を評価いただけたのはうれしい。他方、「自分の思いを語るページがあった方が良いのでは」とのご指摘も、確かになるほどと思った。

第1号では自分を前面に出し過ぎたような感じもしたので、今回は控えめにした。しかし世の中、私のことを知らない人がほとんどだ。さじ加減が難しいが、次回製作の参考にしたい。

自分マガジンはセルフブランディングのための道具だが、企業もウェブサイトや広告、SNS等を通じてブランディングに取り組む。その効果を上げるには広告やサイト、SNSの特性を踏まえることが必要だ。個人事業主の私はそこまで突き詰めて考えて作ったわけではないのだが、次回はそうしたことも意識しながら作ってみたい。

あと、反省点としては、用紙やインク、印刷時のエネルギー等に関して全く無頓着だったこと。持続可能性を念頭に取材活動している私としては、例えば「紛争木材」由来の紙などは使いたくない。インクも植物由来のものが選べれば使いたい。印刷機の電力はグリーン電力で・・・。次は是非ともこの辺りにこだわって作りたいものだ。

まあ、課題を挙げればきりがないが、でも作ってて楽しかったので良しとするか。そんなわけで自分マガジン第2号、ご希望の方に無料で郵送いたしますので、下記の要領に従って申し込んでいただければと思います。

【自分マガジン第2号 郵送申込要領】
メールの件名に「自分マガジン第2号郵送希望」と明記の上、
・郵便番号
・住所
・氏名
・希望部数(上限10部まで)
をご記入の上、maddy0120★ybb.ne.jp(★を@に変えてください)まで送信下さい。
無料で順次郵送いたします。

« 「住居を奪わないで」原発事故避難者、新宿西口駅頭で訴える | トップページ | 沖縄は米軍基地への抗議も許されないのか »

仕事」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ