« アベノミクスの詰め腹を切らされた?舛添都知事の辞任 | トップページ | 参院選・脱原発の候補を選ぼう(金曜官邸前抗議・7月1日) »

2016年6月22日 (水)

米軍属沖縄女性殺害事件・日本人に隷属の自覚はあるのか

_0015972

6月19日(日)に沖縄で行われた、オール沖縄主催の県民大会。正式名称を「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」という。これに呼応する国会前集会に足を運んだ。

沖縄に米軍基地を押し付け、他方、沖縄を「癒しの島」として消費する本土の人間。私もその中のひとりであるが、この現実から目を背けるわけにはいかない。とはいえ国会前に向かう足は重かった。

■沖縄県民大会にみる「健全なナショナリズム」のカタチ(古谷経衡
http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20160621-00059060/

「真の植民地人とは、米軍基地や在日米軍から最も遠い、安全で快適な本土の、東京や神奈川の閑静な住宅街の自室で、稚拙なネット動画や「親米保守」言論人の言い分に寄生し、怒りの感情を忘れただヘラヘラと笑いながら星条旗を振りかざす本土の日本人ではないのか。彼らこそが真の意味での「植民地」に住まう人々なのではないか。隷属、という言葉は、彼ら本土の「親米保守」にこそふさわしい形容である」(記事より)

_0015975

米軍基地があることで命が奪われ軽んじられている。隷属を拒否するのであれば、このことに本土の人間は真剣に怒らなければならないはずである。

« アベノミクスの詰め腹を切らされた?舛添都知事の辞任 | トップページ | 参院選・脱原発の候補を選ぼう(金曜官邸前抗議・7月1日) »

沖縄」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ