« 私も「1文字1円」の仕事をしたことがあった | トップページ | 事業者も手を焼くマイナンバー »

2016年12月31日 (土)

電通は本当に「社員ファースト」になれるか

新入社員が昨年12月に過労自殺した電通。同社は過去にも過労死や過労自殺が起きている。社訓「鬼十則」に代表されるブラックな社風が明らかとなり、今週28日には同社社長が引責辞任の意向を表明するに至った。

■ノミネートの電通、関電ほか「コメントしない」――今年最悪のブラック企業は?(週刊金曜日)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00010000-kinyobi-soci

電通は今月1日、今年のブラック企業大賞のノミネート企業に選ばれた。私はノミネート発表の当日、これへの見解をただすFAXを電通に送ったところ、1時間そこらで「コメントしない」旨の返信FAXが届いた。

そして23日、電通はブラック企業大賞を獲得。23日は祝日だったため、週明けの26日午前、大賞受賞へのコメントを求めるFAXを再び電通に送った。また間を置かずに「コメントしない」と返事が届くだろうが、一応見解をただしておきたかったのだ。

ところが翌27日になっても音沙汰がない。どうしたのだろうと思い電通に電話すると「本件は後ほど、広報部から回答する」とのこと。

昨年まで大手メディアはブラック企業大賞に対して黙殺同然の扱いをしており、ニュースになることはほとんどなかった。ところが今年はNHKが電通の大賞受賞をTVで全国的に報じており、同賞への社会的関心が高まっている。電通が神経を尖らせていることがうかがえた。

そして28日夜、電通が会見。この中で、過酷な労働環境について「過剰なクオリティ志向」などに原因があるとし、ブラック企業大賞受賞に関しても「謙虚に受け止めて私達の反省の材料にしたい」(石井直社長)と言及している。

■電通の石井直社長が辞任表明 高橋まつりさんの過労自殺問題の責任を取る(ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/28/dentsu-kaiken_n_13868800.html

なるほどこういうことだったのか。ともあれ、年内最終営業日の夜に会見をぶつけてきた電通の危機管理能力はさすが、というしかない。同社からすれば、年末年始をはさむことで、ブラック企業大賞受賞や書類送検にともなう大きな逆風をある程度、沈静化させることが期待できるからだ。

それにしてもなぜ電通は、こうした危機管理能力の高さを社内の過重労働対策に振り向けることが出来ないできたのか。そこには組織を優先し、組織を防衛する論理が強く働いているにちがいない。

同社は今後、「社員ファースト」をめざすという。しかし「組織の論理」に手を付けられないままでは、「社員を酷使して死者が出た」従来から、今後は「社員を死なない程度に酷使する」位にしか変われないのではないか。どちらもゲンナリだ。

« 私も「1文字1円」の仕事をしたことがあった | トップページ | 事業者も手を焼くマイナンバー »

仕事」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ