« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月18日 (土)

3・11当時に感じたことを思い出させてくれる映画「サバイバルファミリー」

映画「サバイバルファミリー」(矢口史靖監督)を観てきた。

■公式サイト
http://www.survivalfamily.jp/

■予告編


「すべての電気が止まった世界」で、家族が都市を脱出する道行きを描いている。

電気が止まって浄水場が停止しているので水道が使えない。ペットボトルの水が1本2500円というボッタクリ価格で売られている。都市で水と食料は減っていく。「とりあえず地方に行けば水や食料があるはずだ」。それでも停電直後からしばらく、人々は律儀に会社に通うのである。


観ていて3・11のころを思い出した。あの時、店頭からペットボトルの水が消えた。東京電力福島第一原発が立て続けに爆発。東京も危ないんじゃないかと感じて、東海道新幹線に乗るために東京駅へ向かったが、その電車にはスーツ姿の人も多かった。

「都市って実はリスクが大きいんじゃないか」。実は去年、契約記者で働いていた時もふとそんなことを思った。大地震が起きたり放射能が拡散したりしても、会社が機能している内は逃げられないのかも知れないな・・・。

逃げる当てがあればまだいい。作品中のこんなセリフが心に突き刺さる。「帰る田舎がない奴は、どうすればいいんだよ!」


例えば地方移住のコツのひとつに「いろいろな土地に行ってみて、できれば何度も通う」というのがある。

でも、例えば給料が安くて、なかなか休みも取れない人にそれはハードルが高い。移住はやっぱり「金と時間がある人」が有利だ。3・11後も基本的にそこは変わっていない。金とヒマがない人にとって、移住はなかば「無理ゲー」のようなものだ。


さて作品に出てくる家族は鹿児島をめざして旅に出る。いきなり「地方移住」に投げ込まれたその道中もまた無理ゲーというかサバイバルの連続だ。けれども矢口作品の人を見るまなざしは優しいので、そこには笑いもある。とくに、便利さに溺れていた家族が、道中をへて一人ひとりカッコよくなっていく様子がすてきだ。

説教くささゼロなのにいろいろ考えさせられる、面白い作品だ。

2017年2月14日 (火)

今すぐ生産性をアップする、たった一つの方法

十分寝ること。
それだけ。

私の場合、遅くとも夜11時までには床に入り、朝7時ころまで寝ている。つまり8時間以上は確実に寝ている。

しかも、昼ごはんを食べた後、1時間くらい昼寝している。
そうすると午後もスッキリした頭で仕事ができるのだ。

以前紹介した本『しないことリスト』(pha著、大和書房)に、睡眠をめぐる人気漫画家の話が出てくる。いわく、徹夜続きを自慢しあっていた手塚治虫と石ノ森章太郎は60才で死去。一方、水木しげるは93才まで生きた。

手塚と石ノ森の様子を見て水木しげるが言ったという一言が至言でシビレル。

「睡眠をバカにしてはいけない、睡眠こそが長生きや幸せのすべての源だ」


そんな水木は1日10時間寝ていたそうだ。

まあ、人によって十分な睡眠時間には差があるし、昼に寝て夜に仕事している人がいて、世の中が回ってもいる。だから夜は寝なければダメと言いたいのではない。それぞれの事情にあわせて、毎日十分に睡眠をとれればいい、というほどのことだ。

しっかり睡眠をとっていると、日中眠気に襲われることがない。集中して仕事できるから、仕事のペースが安定する。すると夜ふかししなくて済む。プラスの循環である。

それでふとんは天日に干すか乾燥機にかけてフカフカにしておく。今は冬なので湯たんぽも欠かせない。ぬくぬくとまどろみながら眠りに落ちるのは至福だ。

2017年2月13日 (月)

都自治体サイトの生活保護要件記述(区部その4)

カッコ内はチェック実施日。

●世田谷区(2月13日)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/147/d00004782.html

Setagaya

生活保護制度が、憲法で定められた生存権の維持のために設けられていることに言及した記述がある。

「生活保護は、国が生活に困窮する国民に対し、その困窮の程度に応じた必要な保護を行い、自分の力や他の方法で生活できるように手助けすることを目的とする制度です。これは、憲法によって保障されている健康で文化的な最低限度の生活を営むための、最後のセーフティネットとして機能しています」

5階層目。

●渋谷区(2月13日)
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/general/seikatsu.html

Shibuya

5階層目。

●中野区(2月13日)
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/405000/d001992.html

Nakano

5階層目。

●杉並区(2月13日)
http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/shien/shien/1004860.html

Suginami

5階層目。記述はかなり充実。「国民の健康で文化的な最低限度の生活は、生活保護法で保障されています。こんなときは福祉事務所へご相談ください」(サイトより引用)とあるなど、申請のしやすさへの配慮も感じられる。

一方で、「生活保護を受けるには、以下のことが必要です」として「親・きょうだい・子どもなど親族に援助を頼む」とも書かれている。申請者が親族へ援助を依頼することは義務付けられていないので、微妙な表現だ。

厚労省は2013年11月8日、自治体担当者にあてた事務連絡の中で、親族からの援助が受給の要件であると誤解させるような自治体の記述は是正するように、と求めている。

■生活保護「親族扶養が要件」は誤り 厚労省が「是正」文書(しんぶん赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-09/2013110901_01_1.html

■厚労省 事務連絡 ※7ページ目
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/topics/dl/tp131218-07.pdf

2017年2月 7日 (火)

都自治体サイトの生活保護要件記述(区部その3)

カッコ内はチェック実施日。

●江東区(2月6日)
http://www.city.koto.lg.jp/250201/fukushi/sekatsu/hogo/7127.html

Koto

5階層目。

●品川区(2月6日)
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000001300/hpg000001257.htm

Sinagawa

生活保護法に関する記述あり。

「生活保護法には生活保護制度を運用するに当たっての4つの原理が示されています。『国家責任による最低生活保障の原理』、『保護請求権無差別平等の原理』、『健康で文化的な最低生活保障の原理』は、国の守るべきことがらを定めたもので、『保護の補足性の原理』は保護を受ける側に要請されているものです」(サイトから引用)

4階層目。

●目黒区(2月6日)
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/seikatsu_fukushi/enjo/hogo.html

Meguro

「親子・兄弟姉妹等の援助が可能であれば、受けるように努力してください」(サイトより引用)とある。つまり、親族からの援助を受けるよう本人に努力を求める記述だ。

しかし、厚労省のサイトには次のようにある。

■生活保護制度(厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/


「親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください」とあるのみで、本人に努力を求める記述はない。

また、以前紹介した稲葉剛氏のサイトでも

「生活保護制度には確かに親族の扶養が優先するという規定がありますが、それは保護の申請を受け付けた福祉事務所が親族に連絡を取るという意味であり、生活に困窮する本人が親族に自分で連絡をとることを義務づけるものではありません」

とある。親族に援助を求めることは心理的にハードルが高い。親族援助に関し、本人に努力を求める記述は「水際作戦」的な効果を発揮しないだろうか。

5階層目。

●大田区(2月6日)
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/fukushi/shien/seikatsu.html

Ota

生活保護に関する独立のページがあるのではなく、「生活にお困りのときは」というページの中に記述がある。

5階層目。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ