« 今すぐ生産性をアップする、たった一つの方法 | トップページ | 東電原発事故は終わっていない。6年目の3・11(国会前抗議) »

2017年2月18日 (土)

3・11当時に感じたことを思い出させてくれる映画「サバイバルファミリー」

映画「サバイバルファミリー」(矢口史靖監督)を観てきた。

■公式サイト
http://www.survivalfamily.jp/

■予告編


「すべての電気が止まった世界」で、家族が都市を脱出する道行きを描いている。

電気が止まって浄水場が停止しているので水道が使えない。ペットボトルの水が1本2500円というボッタクリ価格で売られている。都市で水と食料は減っていく。「とりあえず地方に行けば水や食料があるはずだ」。それでも停電直後からしばらく、人々は律儀に会社に通うのである。


観ていて3・11のころを思い出した。あの時、店頭からペットボトルの水が消えた。東京電力福島第一原発が立て続けに爆発。東京も危ないんじゃないかと感じて、東海道新幹線に乗るために東京駅へ向かったが、その電車にはスーツ姿の人も多かった。

「都市って実はリスクが大きいんじゃないか」。実は去年、契約記者で働いていた時もふとそんなことを思った。大地震が起きたり放射能が拡散したりしても、会社が機能している内は逃げられないのかも知れないな・・・。

逃げる当てがあればまだいい。作品中のこんなセリフが心に突き刺さる。「帰る田舎がない奴は、どうすればいいんだよ!」


例えば地方移住のコツのひとつに「いろいろな土地に行ってみて、できれば何度も通う」というのがある。

でも、例えば給料が安くて、なかなか休みも取れない人にそれはハードルが高い。移住はやっぱり「金と時間がある人」が有利だ。3・11後も基本的にそこは変わっていない。金とヒマがない人にとって、移住はなかば「無理ゲー」のようなものだ。


さて作品に出てくる家族は鹿児島をめざして旅に出る。いきなり「地方移住」に投げ込まれたその道中もまた無理ゲーというかサバイバルの連続だ。けれども矢口作品の人を見るまなざしは優しいので、そこには笑いもある。とくに、便利さに溺れていた家族が、道中をへて一人ひとりカッコよくなっていく様子がすてきだ。

説教くささゼロなのにいろいろ考えさせられる、面白い作品だ。

« 今すぐ生産性をアップする、たった一つの方法 | トップページ | 東電原発事故は終わっていない。6年目の3・11(国会前抗議) »

映画」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ