« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月20日 (月)

都自治体サイトの生活保護要件記述(区部その5)

カッコ内はチェック実施日。

●豊島区(3月20日)
http://www.city.toshima.lg.jp/177/kenko/sekatsu/032500.html

Toshima_2

生活保護の説明ページへ、HPから3クリックでたどり着くことができた。
制度が憲法第25条の生存権にもとづくことを明記している。
扶助の種類、自立支援プログラム、実施状況(平成25年度まで)も紹介。

●北区(3月20日)
http://www.city.kita.tokyo.jp/kenko/fukushi/hogo/index.html

Kita

HPから3クリック目で到達。ここからさらに各項目のページへと進む作り。
(制度の概要)ページでは、保護の条件、憲法および生活保護法にかんする説明を記載。

●荒川区(3月20日)
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/seikatsushien/seiho.html


Arakawa

3クリック目で到達。
受給の条件についての説明の前段で「現に暮らしに困っていれば、国民のだれもが等しく生活保護を受けることができます」と明記している。

●板橋区(3月20日)

区のHPのどこから入っていけばよいか、少しわかりづらい。
トップページ>健康・福祉・高齢・障がい>健康・福祉の相談>生活の相談>生活保護、と進む必要がある。5階層目にあり、4クリック目でたどりつける。

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002246.html


Itabashi2

検索窓を使って探すほうが早い。

Itabashi

「生活保護を受けるには」の項目で、「7.親・子・兄弟などの援助が受けられるように努力してください。(一定の親族に対し、援助可能かどうかの調査をいたします。)」としている。

2017年3月11日 (土)

東電原発事故は終わっていない。6年目の3・11(国会前抗議)

_0016365

反原連(首都圏反原発連合)主催の国会前デモに行ってきた。今日は取材というより参加する気持ちでだ。

東電原発事故で、今も故郷に帰れない避難者は12万6千人もいるという。突然住む場所を奪われて6年たってもだ。それなのに国は、自主避難者への住宅補助を今春打ち切る。この状態は棄民であり、国が国内に難民を生み出しているとさえ言うべきではないのか。

_0016371_2

一方、フクイチの廃炉費用は20兆円以上とも言われ、言うまでもなく負担するのは国民だ。廃炉作業はいつ完了するのか。費用はもっと増えるかもしれない。

_0016366

それなのに国は原発を再稼働している。どこまで過去に学ばず愚かなのかと言いたい。しかし、そしてそれを許しているのは我々国民だ。これでいいはずはない。しばらく国会前から足が遠のいていたが、とにかく行かなければ・・・と足を運んだ。

_0016379_

マスクと防護服姿の参加者がいた。原発事故はいつ収束するのか。しかも再稼働していれば再び事故が起きないとは言えない。それにも関わらず安倍首相は、3年後の東京五輪で「フクシマは終息した」と言うのだろうか。

今日の参加者数は主催者発表で約8千人。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ