« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月24日 (月)

「ひとりブラック企業」になりやすいフリーランス

フリーランスはうっかりすると仕事を詰め込みすぎてしまいがちで、私もそうだ。仕事を断るとお呼びがかからなくなるかも知れない、収入が減ったらどうしよう・・・。背景にはそんな不安があるのではないか。

仕事を詰め込みすぎると目の前のことに追われて、一歩引いてものを冷静に考える余裕がなくなる。そうやって判断力がマヒしたところで仕事の依頼が入ると、限界を超えているのに「頼られているんだ、応えなきゃ」と受けてしまう。

それが続くと仕事の能率が落ちて、ダラダラと原稿を書く羽目になる。ああまた詰め込みすぎてしまった・・・と一段落してから反省するのである。休みも取れず、仕事の質も下がり、誰にも何もいいことがない。

そもそも「頼られているんだから頑張ろう」とこちらが思っていても、発注側は「代わりのライターなんていっぱいいるんだから」ぐらいにしか思っていないかもしれない。

この先長く仕事を続けるにはたとえば「仕事が早い」だけではダメで、「その人でなければ出来ない」というような強みが必要だが、目先の仕事に追われていてはその「強み」が何かを考えることも出来ない。こうして世の中のフリーランスがクライアントによって使い捨てられていくのであった。

ところでこのブログも更新が長いこと滞っていたりするが、それは仕事が忙し過ぎたからだ。遊びや休息を疎かにする働き方はブラックそのもので、人間らしくない。私もいい加減、仕事のスケジュールを詰め込みすぎる「ひとりブラック企業」的な働き方から卒業しようと思っている。

2017年4月23日 (日)

裏道サイクリングが面白い

_0016469

交通量の多い幹線道路や市道なんかを自転車で走るのはストレスだ。そこで近頃はなるべく生活道路、裏道を選んで走るようにしている。

■国内唯一の自転車ナビアプリ・自転車NAVITIME(ナビタイム)。プレミアムコースで遊んでみた!(フレイム)
https://jitensha-hoken.jp/blog/2017/03/zitensya-navitime-review/

先日、自転車情報サイト「フレイム」で自転車用ナビゲーションアプリのインプレッション記事を書いた。このアプリが面白いのは、交通量の少ない道を優先してナビゲーションする「裏通りモード」を備えていることだ。

記事にもあるように、いきなり未知の世界に放り込まれるようでとても面白かった。一本いつもと違う道を選ぶことでずいぶんと見える景色が変わるものだと驚いた。

このナビアプリは裏道を探してくれるから便利だ。では、自分で意識して裏道を選ぶようにすれば、別にナビアプリの力を借りなくてもサイクリングがもっと快適で面白くなるはずだ。

それで今日は多摩サイ~立川市内~玉川上水をサイクリングする際、なるべく、なるべく交通量の少ない道を選んで走ってみた。するとどうだろう。ストレスとなる交通渋滞や車の多さがずいぶんと減るではないか。

それに、自分から見知らぬ路地に飛び込んでいくのは意外とスリリングだ。新しい発見も多い。今日などは、立川市内で路地裏を流れる用水路を見つけてしまった。どこから流れてくるんだろう? コロコロという水流の音にも癒される。

なじんだ道ばかり走っていても新しい発見がない。幹線道路を走れば目的地に早く着けるかもしれないがストレスも多い。自分で道を選んで快適に走る。なにやら「人生の教訓」のようではないか。いやはや。

2017年4月21日 (金)

都自治体サイトの生活保護要件記述(区部その6)

カッコ内はチェックした日。

●練馬区(4月21日)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/jinken/komatta/hogo.html


Nerima

HPのどこから生活保護の情報に入ればよいのかがわかりにくい。
検索窓から探したほうが早い。非常にあっさりとした内容。

●足立区(4月21日)

足立区は、他の区のサイトにあるような生活保護制度についての説明ページが見当たらない。検索窓から探すと下のようになる。

Adachi

「生活保護の適正実施の推進について(不正受給事件の裁判判決)」というページが検索結果の一番上にくるのだ。

http://www.city.adachi.tokyo.jp/sebu-f/seibu-hanketu.html

Adachi2

上記ページには「今後も、徹底して不正受給の早期発見と適正化に取り組んでまいります。とりわけ悪質な不正受給事件については、告訴により厳重な処罰を求めるなど厳正に対処してまいります」とある。

不正受給は確かに問題だ。しかし足立区は漏給への対策を考えているのだろうか。考えているのであれば、生活保護に関する基礎的な情報をサイトに掲載すべきだ。

同ページの最終更新日は今年3月22日。小田原市の「生活保護なめるな」ジャンパー問題が明るみに出て、必要な人に手を差し伸べられない生活保護行政が問われている。ところが、足立区はまるで不正受給対策ばかりに注力しているような印象だ。

●葛飾区(4月21日)
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000055/1002321.html

Katsushika

2クリックでたどり着くが、最小限の記述。

●江戸川区(4月21日)
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/kenko/seikatsuhogo/index.html

Edogawa

1クリックでたどり着き、内容も比較的充実している。

生活保護の申請について「保護の申請は、ご本人のほか、親や子ども、きょうだいなどが代わって行うことができます(特別な事情を除いてご本人の申請意思の確認が必要となります)」と明記。

2017年4月15日 (土)

関戸橋フリマ2017春(4月15日)

_0016452

去年から楽しみにしていた関戸橋フリーマーケットに行ってきた。前回は朝8時に来て人の多さにびっくりし、「出遅れたなー」と思ったので、今日は7時に現地着。さっそく品物を並べる。

_0016432

自転車をいじったりフリマを物色していたりすると、どうしてもパーツや用品がたまってくる。モノにあまり場所を取られたくないので、フリマは在庫を一掃する絶好の機会だ。

_0016434

当然、新品ではなく中古品ばかり(未使用のものもあるが開封済みだったりする)。なので、値札はつけているが、モノの手離れを優先してドンドン値引きする。まあモノによっては、少し値の張るのもあったりするからお客さんとの価格交渉にはなるが、基本はたたき売りだ。お客さんに気持ちよく買っていただければ、それでもうありがたいのである。

_0016436

_0016437

今日はうれしいことに品物がすべてはけた。そうしたら次はビンテージパーツを中心に出物の物色だ。これが楽しい。さらに周辺に停めてあるイイ感じの自転車を眺めるひとときも、また至福だ。

_0016438

_0016440

_0016441

_0016448

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ