« 「土地に杭は打たれても」立川・砂川闘争の現地を歩く | トップページ | 週休3日制で変わったこと(その2) »

2017年5月22日 (月)

週休3日制で生活に「ゆとり」が生まれた

週休3日制を始めて1週間。早くもいろいろな変化が出てきた。

●時間に余裕が生まれた

週休3日制にあたり、勤務時間を9時から17時と決め、この時間以外にメールやSNS等で仕事のやりとりは原則しないことにした。例えば、17時以降に来たメールは、翌営業日に返事するといった具合だ。

いつでも仕事上のやりとりを意識していると、仕事と生活の境目があいまいになり、精神が休まることがなく落ち着かない。これを改めた。

また、17時をその日の仕事の区切りとして(実際には19時くらいまで仕事していたりするが)、急ぎでない限り、その日の内に案件が終わらなくてもいいことにした。今までは原稿をとにかく書き終えようとするあまり、夜遅くまでパソコンを開くことも多かったためだ。

こうすることで、時間に劇的といっていいくらい余裕が生まれている。「今日の仕事、終わり!」とパソコンを閉じる解放感も味わえ、これが気持ちいい。

●家事を楽しめるようになった

時間に余裕が出来たことで、今まではどちらかというと面倒だった掃除や洗濯、料理などが楽しめるようになった。

心の持ちようでずいぶんと感じ方も変わるものだ。私は時々カレーを作るが、市販のルーではなくカレー粉や香辛料を使って作る。今日も晩ごはんのカレー作りに挑戦。隠し味にコーヒーや味噌、ヨーグルト、ジャムなどを入れてみる。毎回作るたびに味が変わって安定しないが、それも面白い。

朝のコーヒーが気分を劇的に整える話は以前書いた。毎日コーヒーを淹れるようになって、どうすればおいしく淹れられるか試行錯誤を繰り返している。粉の量、お湯を注ぐ速さ、注ぎ方。始めた頃はやたら薄かったり苦かったりだったが、最近は多少飲める味にはなってきた。まだまだ満足していないが・・・。

●音楽を聴くようになった

原稿を書く仕事を始めてから音楽を聞かなくなった。それは書くことに集中していると音楽が邪魔するからだ。以前買ったCDもあらかた手放した。

断捨離できて、それはそれでよかったが、時間が増え、家事を楽しむ余裕ができると、何か音楽を聴きたくなった。それで、携帯プレーヤーに残してあったポップスとかを聴きながら家事をするのだ。これが楽しい。

それでまたいろいろ聴きたくなった。ジャズとかJポップとか。CKB(クレイジーケンバンド)のアルバムをあれこれ聴いてみたい。そういえばレンタル屋もずいぶん利用してないや。

つづく。

« 「土地に杭は打たれても」立川・砂川闘争の現地を歩く | トップページ | 週休3日制で変わったこと(その2) »

仕事」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ