« お金から「自由」になった人の境地――『魂の退社』(稲垣えみ子著) | トップページ | 都市に慣れるのはやめました »

2017年6月12日 (月)

見落とされる公助――『貧困クライシス』(藤田孝典著)

副題は「国民総『最底辺』社会」、帯キャッチは「もう誰も逃げられない 貧困が貧困を生む衝撃の現実」。おしっこをちびってしまいそうな迫力だ。

しかしこれらの言葉がハッタリや単なる脅し文句でないことは、本書を読めばすぐにわかる。所得の減少と雇用の不安定化で進んだ中流家庭の貧困化。長時間労働で疲れ切っているのに収入は増えない。家賃や外食費、医療費がかさみ、年金の支払いもままならない(低所得者には免除制度があるが、知らない人も多い)。

定年を迎えても生活費のために働き続ける人がいる。また、現役時代に貯金して老後に備えていた人でも、離婚や病気などをきっかけに貧困に転落していく。生活能力や近所づきあいなどを犠牲にして働いてきたために孤独におちいる人もいる。

全く救われない話だが、これらは個人の努力だけではどうにもならない、という点がポイントだ。『魂の退社』では「会社は卒業すべきもの」と説いている。それができる人はそうすればいい。セルフブランディングして自立して食べていければ、それもいい。しかし会社で働くしかない人もいる。

ごく単純に言えば、会社で働いて生計を立てている人を支える社会基盤が揺らいでいるのだ。自助努力は大事だとしても、それは責任の半分に過ぎない。社会として一人一人の生活をどう支えるのか、という問題意識が今の日本では弱いのではないか。本書を読んで強く思う。

例えば高い家賃を払わなくて済むよう、空き家の活用や家賃補助などが必要だろう。そもそも公的に住宅を保障するしくみが極めて弱い(公営住宅の抽選倍率を見よ!)。自己責任(自助)だけ問題にしても、結局は社会全体が疲弊し沈んでいくに違いないし、現に今そうなっているではないか。

社会保障の原資は税金だ。「貧すれば窮す」というが、安心がなければ自助もしようがない。誰もが安心して暮らせるような社会は自助やイノベーションの前提だ。そういう社会的合意がつくられていく必要がある、と思った。

« お金から「自由」になった人の境地――『魂の退社』(稲垣えみ子著) | トップページ | 都市に慣れるのはやめました »

読書」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ