« 都市に慣れるのはやめました | トップページ | 【7/2都議選】小金井市選挙区・選挙公報を都道計画の視点で読んでみた »

2017年6月18日 (日)

過去・現在・未来、円環し重なり合う時間。映画「メッセージ」

巨大な宇宙船が突如、地球に同時多発的に現れるハリウッド映画。

その宇宙船の形がせんべい菓子の「ばかうけ」に似ていることもあり、ネットではネタ的に話題になっている。「でもハリウッドの宇宙船ものかあ。いかにも中身ゼロっぽいな」と思っていたけれど、実際に観てみると哲学的というか、奥が深いのですよ。謎解きみたいで最後まで集中して楽しめた。

ストーリーは省くが、宇宙人には時制、つまり過去―現在―未来という時間の流れがない、というのが作品の大きな特徴だ。それで文字は丸い輪っかの形をしており、水墨画のようでもある。円環のように時間がぐるぐる回っているようなイメージもある。

時間は過去から現在、そして未来へという一方向の流れがあるというのが一般的な時間の理解だ。ところが宇宙人にとって時間は過去・現在・未来が重なっている。だから宇宙人の言葉を理解することで人間も未来が見えるようになる・・・というのが、作品世界の骨格にある。

言葉は思考や世界観を体現している、との仮説があるそうだ。その説に従えば、宇宙人の言葉を理解すれば世界はそのように見える、というアイデアである。それで、映画を見ているうちに、「過去・現在・未来が重なり合う時間」が実在しているような気になるのが面白く、よくできているなあ、と思った。

もし本当に、現在の中に過去と未来が重なっているとしたら・・・。未来を選び取ることだってできるのではないか? 確か「君の名は。」にも似たようなプロットがなかったか。

だとすると、世界で同時多発的に「時制のない時間」というアイデアが面白がられる背景があるはずである。気候変動、資源の減耗、環境破壊、排外主義やテロの台頭などなど。文明、人類がこれからも危機を乗り越え、存続していけるのか。

もし過去・現在・未来が重なっているならば、未来のために今を犠牲にするのではなく、過去に縛られるのでもなく、「今を生きる」ことが、より望ましい未来につながっていくのではないか? そんなメッセージを作品から受け取った気がする。

« 都市に慣れるのはやめました | トップページ | 【7/2都議選】小金井市選挙区・選挙公報を都道計画の視点で読んでみた »

映画」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ