« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月21日 (金)

117クーペのレンタカーでドライブしてみた

_0016807_2

先日いすゞプラザに行ったら、昔乗っていた117クーペにまた乗りたくなった。それで今日は117クーペをレンタルして奥多摩をドライブしてみた。

■117クーペ レンタカー(ISUZU SPORTS)
http://www.isuzu-sports.com/rentacar

マニュアル変速で、しかも4速の入りが渋くて、最初は戸惑ったが、じきに昔の感覚が戻ってきた。クルマを停めていると、通りかかったおじさんに「懐かしい、昔これに乗っていたよ」と話しかけられるのも、以前と同じだ。

マニュアル変速は小刻みにシフトチェンジが必要で疲れる。それにひきかえ、今のクルマは静かで運転操作が楽だし室内も広い。さらに燃費・安全・環境性能も良い。便利さ安楽さでは旧車は今のクルマにかないっこないのだが、それでもなぜか私は旧車に惹かれてしまう。自分でも不思議だ。

_0016808

維持費や手間などを考えると所有はためらってしまうが、たまにレンタルして乗る分には楽しいし懐にもやさしい。

クルマを手放した10年前には117クーペをレンタルして乗ることなど考えもしなかった。世の中は所有からシェアに向かっているようだから、旧車のレンタルもこれから当たり前になる可能性はある。

2017年7月17日 (月)

話題の「いすゞプラザ」に行ってみた

S__0016803

トラック(商用車)メーカーのいすゞが4月にオープンした展示施設「いすゞプラザ」が近頃話題だ。今日17日に行ってみた。

■いすゞが「巨大ミュージアム」を開業したワケ(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/180565

自動車メーカーの中でもいすゞは、私にとって思い入れのある会社だ。初代ピアッツァに3年、117クーペに7年乗った。いずれもジウジアーロデザインのスタイリッシュな車である。今はトラック専業だが、1993年までは乗用車も作っていた。

バブル崩壊後に業績不振におちいり、一度は倒産しかかった同社が、自社ミュージアムを持てるまでに復活した。元いすゞ車ユーザーとしてはやっぱり感慨深い。それで行ってみたくなったのだ。

施設1階は現行のトラックやバスなどが展示され、運転台にも座れる。いすゞは自衛隊にもトラックを納入している。防衛省仕様のトラックは濃緑色で武骨。運転台や荷台に乗ろうと、親子連れが長い列を作っていた。

1階展示の目玉はミニチュアカーが自動走行するジオラマ。落ち着いて見てみたいが、ここもすごい人だかりで諦める。

S__0016788

2階は車作りのプロセスを体験学習形式で展示。ここも子どもたちでにぎわっているが、ゆったりと見ることができた。

S__0016792
1枚の薄鋼板がプレス加工でドアになるまでを順送りで展示。

S__0016790
プレス工程での用具類。

企画・設計やプレス、鋳造・鍛造、ライン組立など、モノづくりのプロセスがかなり詳しく紹介されている。大人でも十分に楽しいエリアだ。

S__0016795

その奥では過去の車両を展示。それまでとは打って変わって、このエリアはガラガラだ。 その分おちついて見ることができるが。

S__0016797
初代ジェミニ。カラシ色がおしゃれだ。

実は、いすゞが展示施設を作ることは以前から知られていた。私もそれを初めて耳にした時、どんな展示になるのかと思ったものだ。どちらかと言えば地味なメーカーである。人が集まるのだろうか・・・とも思った。

そしていざフタを開けてみると大賑わいである。単にクルマを並べるだけでなく、同社のクルマが社会でどんなふうに活躍しているのか、そしてどのように作られているのか、作り手はどんな思いで作っているのか。メッセージ性を重視した展示内容にしたことが、来場者の共感を呼んでいるように感じた。

早い話、「トラックに乗って働きたいな〜」とか「自分も工場でクルマを作ってみたいな〜」とか、思わずそんな気持ちにさせられる。良くできた展示だ。

S__0016801

展示の最後は117クーペ。「ハンドメイド」と呼ばれる初期生産型だ。戦前・戦中は国策企業として発展したいすゞが、戦後の、しかも民需のラグジュアリー・カーを展示の最後に据えた。安定した日々の営みの中でこそモノづくりは開花し事業も伸びる、と同社は考えているのだろう、とその意味を勝手に深読みしてみた。

全体をゆったり見るには平日に予約して来るのがいいだろう。私も次回は平日に来てみたい。

2017年7月16日 (日)

高校アルバムを捨てるかで迷う。『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

必要最小限のモノだけで生活する人をさす「ミニマリスト」は、2年前の流行語大賞候補になったという。ミニマリストの生活と意見を紹介するのがこの本だ。

大量消費社会に生きていると家の中はモノであふれる。消費に駆り立てられ、ありあまるモノにかこまれていると、意識は分散し、自分は本当に何をしたいのかもわからなくなる。だったらモノを手放してみよう。手放してみたら意外と普通に生きられますよ、と説いている。

モノを切り詰めて、例えば冷蔵庫がなくても、コンビニやスーパーでその都度必要な分だけ買えば問題ない。クルマはカーシェアで十分だし、書籍や写真はスキャンしてデジタル化すれば場所をとらない。モノがなくても大丈夫というのはそういうことだ。

インターネットや宅配サービス、コンビニ店などは大量消費社会がなければ発展しなかった。しかし今やそれらが社会インフラとなったことで、モノを手元に置かなくても、それほど不便を感じることなく生きられる。逆に、モノに囲まれる方がかえって不便(置き場所に困るし掃除が面倒)だ。

私もこの本を読んで、古本を中心に雑貨や服など段ボール3、4箱分を捨てた。まだまだモノだらけだ。ちなみに小中学校の卒業アルバムは以前、何の迷いもなく捨てた(いじめられっ子だったので良い思い出がない)。しかし今回、高校のアルバムはどうするか迷っている。

ちなみに著者は、学校のアルバム類を捨てた上で「見たい時には同級生に見せてもらう」ことにしたという。

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ