映画

2017年2月18日 (土)

3・11当時に感じたことを思い出させてくれる映画「サバイバルファミリー」

映画「サバイバルファミリー」(矢口史靖監督)を観てきた。

■公式サイト
http://www.survivalfamily.jp/

■予告編


「すべての電気が止まった世界」で、家族が都市を脱出する道行きを描いている。

電気が止まって浄水場が停止しているので水道が使えない。ペットボトルの水が1本2500円というボッタクリ価格で売られている。都市で水と食料は減っていく。「とりあえず地方に行けば水や食料があるはずだ」。それでも停電直後からしばらく、人々は律儀に会社に通うのである。


観ていて3・11のころを思い出した。あの時、店頭からペットボトルの水が消えた。東京電力福島第一原発が立て続けに爆発。東京も危ないんじゃないかと感じて、東海道新幹線に乗るために東京駅へ向かったが、その電車にはスーツ姿の人も多かった。

「都市って実はリスクが大きいんじゃないか」。実は去年、契約記者で働いていた時もふとそんなことを思った。大地震が起きたり放射能が拡散したりしても、会社が機能している内は逃げられないのかも知れないな・・・。

逃げる当てがあればまだいい。作品中のこんなセリフが心に突き刺さる。「帰る田舎がない奴は、どうすればいいんだよ!」


例えば地方移住のコツのひとつに「いろいろな土地に行ってみて、できれば何度も通う」というのがある。

でも、例えば給料が安くて、なかなか休みも取れない人にそれはハードルが高い。移住はやっぱり「金と時間がある人」が有利だ。3・11後も基本的にそこは変わっていない。金とヒマがない人にとって、移住はなかば「無理ゲー」のようなものだ。


さて作品に出てくる家族は鹿児島をめざして旅に出る。いきなり「地方移住」に投げ込まれたその道中もまた無理ゲーというかサバイバルの連続だ。けれども矢口作品の人を見るまなざしは優しいので、そこには笑いもある。とくに、便利さに溺れていた家族が、道中をへて一人ひとりカッコよくなっていく様子がすてきだ。

説教くささゼロなのにいろいろ考えさせられる、面白い作品だ。

2014年5月31日 (土)

映画「WOOD JOB!(ウッジョブ!)」を観る

「ロボジー」以外の矢口作品は観ていたので、林業をテーマにどんな映画になるのか、と以前から期待。

染谷将太演じる、里山とは全く縁がない若者が1年間、国の「緑の雇用」制度(映画では「緑の研修生」になっているが)を使って林業現場で働く。そして彼をとりまく個性たっぷりな里山の人々。

森で働く人々が自然を畏れ敬い暮らしている姿。
自然に向き合う中で作られた、強固な地域のコミュニティ(しがらみ)。
危険だが、一方でITを使った作業の革新も進んできている林業現場。
中山間地と林業の今を、矢口監督流の「軽さ」でさらっと見せてくれる。

そんな中でも一番よかったのは、自然の中で暮らす人々が、人知を超えた「山の力」をどこかで意識して生きていることを、ちゃんと描いている所。

人知の及ばない存在を意識するところから生まれる「畏れ」や「敬い」を核に生きている人々と、そうではない人々とは背負っているしがらみ、タブーがはっきり異なるということを、さらっとした軽さの中にしっかりと埋め込んである。

都会と中山間地の対比、マネー資本主義と里山資本主義の対比は、人々の精神のありようの対比でもあるわけだけど、そこをしっかりと描いているのが、この作品の見どころだと思う。

今日、立川シネマシティで観たら、午前の回だったこともあると思うけど、上映2週目なのに観客がまばらで心配だ。
普通に面白い作品なので、観ないのは本当にもったいない!

2010年7月31日 (土)

佐々木昭一郎「四季・ユートピアノ」を観る

20100731_1464019

昨日はユーロスペースで「四季・ユートピアノ」を観た。TV放送以来だから・・・20年以上ぶり。

佐々木昭一郎の映像美が全く古びておらず、新鮮。最初に見た時は流れるような映像詩を楽しんでいるうちにエンディングとなったが、今回はストーリーも味わいながら観ることができた。

四季・ユートピアノ」の底流にあるのは、戦争世代の深い心の傷と、その子供たちによる和解と再生だ。苦難に満ちた榮子は痛みを抱きしめながら微笑をたやさない。

美しいが唐突な映像の散文は一つひとつ意味をもっているが、一度にその全てを理解するのはほとんど不可能。けれども、そのことが逆にストーリーに対する多様な解釈を許容し、観る側の想像力をふくらませる効果を持っている。

「四季~」と前後する佐々木作品は、テーマと映像美、そして主演の中尾幸世の三位一体がほとんど奇蹟とも思える世界を形作っている。どれが欠けても佐々木ワールドは成立しない。戦後昭和のニッポンの風景に、幻のように立ち昇ったファンタジーだ。

昭和の黄昏という時代性と女優の稀有な力、そして演出が共鳴する一回起性の映像体験。それゆえ、佐々木昭一郎の一連の作品に並ぶ物は後にも先にもない。

<上映後に中尾幸世さんご本人が登場。美人だったが、やはり榮子とは別人。思い出は遠くにありて思うもの、か。

インタビューは当時のエピソードを中心に進行したが、作品のテーマや時代背景などについての質問がなかったのは残念。もっと深いところにフォーカスしないと、佐々木作品の稀有さに迫ることは出来ないが、インタビュアーは中尾さんにひれ伏してしまっていて、とてもそれどころではなかったようだ。

中尾さんの後は佐々木氏が登場。おお、あの作品を作ったのはこの人か。プロダクションを立ち上げて、来年には新作を発表したいという。

ロビーで佐々木氏にサインをもらい握手をお願いするが、なんと佐々木氏、私との握手の後でズボンで手を拭くではないか(笑)。おれの手、そんなに脂っぽかったか。けれどもその割にはしっかりと握手してくださったのが印象的だった。

それにしても、観終わって一晩たっているのにまだ熱に浮かされたような余韻が残っている。「四季・ユートピアノ」はみごとな作品だ。
(ツイートより)

その他のカテゴリー

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ